教員要覧

兼岡理恵

兼岡理恵 (カネオカリエ)

  • 日本・ユーラシア文化コース
  • 日本言語文化論専修
  • kaneoka@chiba-u.jp
  • 電話番号: 非公開

略歴

1975年5月
2003年3月 東京大学大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻日本語日本文学専門分野博士課程単位取得退学
2006年7月 博士(文学)東京大学

研究内容

古代文学専攻。風土記が「なぜ」「どのように」受容されてきたのか、という風土記受容の諸相を検討し、古代のみならず各時代の「土地」に対する視点、表現を文学史的に考察することを課題としています。特に「地名」に関わる表現―枕詞、地名起源説話、歌枕―の在り方に関心があります。さらに古代文学における「伝承」の表現を検討し、「古代」的なものとは何か、その特色を明らかにしていくことを目指しています。

担当授業

  • 古代文学論、古代文化論、伝承文学論
  • 古代文学論演習、伝承文学論演習

主要な所属学会

上代文学会、古事記学会、風土記研究会、古代文学会、日本文学協会、鈴屋学会

社会的貢献

  • 風土記研究会編集委員(2008年~)、同事務局(2009年~2012年)
  • 日本文学協会運営委員(2008年~2015年)
  • 古事記学会理事(2012年~)
  • 東京大学国語国文学会評議員(2012年~)
  • 上代文学会事務局理事(2015年~)
  • 千葉市男女共同参画センター講師(2012年~2015年)
  • 朝日カルチャーセンター講師(2013年~2014年)
  • 放送大学客員准教授(2013年~)

主要な研究業績

著書

(単著)
  • 『風土記受容史研究』(笠間書院 2008年)
(共著)
  • 『海の文学史』(三弥井書店 2016年)
  • 『万葉語誌』(筑摩書房 2014年)

論文

  • 「契沖と風土記」(『国語と国文学』93巻1号 2016年1月)
  • 「風土記の「視点」―中央と地方のはざまで―」(『文学・語学』第212号 2015年4月)
  • 「菓子栞に関する覚書」(『人文研究』41号 2015年3月)
  • 「風土記をいかに「研究」するか―本文研究、研究史の視座から―」(『上代文学』第112号 2014年4月)
  • 「契沖『雑記』をめぐって―円珠庵本・写本伝播を中心に―」(『鈴屋学会報』第30号 2014年1月)
  • 風土記歌謡から見えるもの-『播磨国風土記』逸文・「速鳥」歌を中心に-」(『国語と国文学』第90巻第5号 2013年5月)
  • 「宣長と『出雲国風土記』-『古事記伝』の視座から」(山下久夫・齋藤英喜編『越境する古事記伝』森話社 2012年)
  • 「駒澤大学図書館所蔵『松島風土記』」(『人文研究』第41号 2012年3月)
  • 「風土記に描かれた「鳥」」(鈴木健一編『鳥獣虫魚の文学史』 三弥井書店 2011年)
  • 「江戸の「風土記」注釈-唐橋世済の豊後国風土記注釈」(鈴木健一編『江戸の〈知〉-注釈の世界-』 森話社 2010年)
  • 「変容する「地名」―風土記記載の方法」(『古代文学』49号 2010年3月)
  • 「「新治の国小筑波の岳」に込められた意味―『常陸国風土記』香澄里・新治洲条」 (神田典城編『風土記の表現-記録から文学へ-』笠間書院 2009年)
  • 「知の仲介者―菅真静『自叙録』を中心に」(『日本文学』第57巻10号 2008年10月)
  • 「「風土記」の世界―地方へのまなざし」(『文学』9巻1号 2008年1月)
  • 「前田綱紀と風土記―近世における風土記「発見者」」(『日本文学』第55巻10号 2006年10月)
  • 「真観と風土記―十三世紀風土記受容の一側面」(『東京大学国文学論集』第1号 2006年5月)
  • 「邪婬の経師―『日本霊異記』下十八縁」(『国文学 解釈と鑑賞』第69巻12号 2004年12月)
▲ PAGE TOP