教員要覧

木村英司

木村英司 (キムラエイジ)

  • 行動科学コース
  • 心理学専修
  • eiji.kimura@chiba-u.jp
  • 電話番号: 非公開

略歴

1999年 博士(心理学) 東京大学
2003年 千葉大学文学部 助教授
2007年 千葉大学文学部 准教授
2011年 千葉大学文学部 教授 (現在に至る)

研究内容

専門は知覚心理学で、視覚のメカニズムについて研究をしています。その中でも特に、色がどのように区別されているのか、また、左右の眼からの情報がどのように統合されているのかといった問題を中心に検討しています。研究の手法としては、知覚実験と瞳孔反応計測を用いています。前者は、刺激に対する能動的・随意的な反応を検討する方法ですが、後者は、刺激によって眼の瞳孔に生じる不随意的な反応を測定するという手法です。これらによって、視覚処理のメカニズムの解明を目指しています。

主要な所属学会

日本基礎心理学会、日本心理学会、日本視覚学会、Optical Society of America (OSA)、日本認知心理学会、Vision Sciences Society (VSS)

主要な研究業績

最新の情報は、ホームページを参照して下さい

著書

  • 2014 誠信 心理学辞典[新版] 誠信書房 (分担執筆)
  • 2013 認知心理学ハンドブック 有斐閣 (分担執筆)
  • 2013 最新 心理学事典 平凡社 (分担執筆)
  • 2013 デザインと色彩の心理学 朝倉書店 (分担執筆)
  • 2011 心理学研究法1 感覚・知覚 誠信書房 (分担執筆)
  • 2007 新編 感覚・知覚心理学ハンドブック2 誠信書房 (分担執筆)
  • 2005 新・心理学の基礎知識 有斐閣 (分担執筆)

論文

  • Sawayama, M. & Kimura, E. (2015) Stain on texture: perception of a dark spot having a blurred edge on textured background. Vision Research, vol 109 PartB, 209-220.
  • Kimura, E. & Kuroki, M. (2014) Contribution of a luminance-dependent S-cone mechanism to non-assimilative color spreading in the watercolor configuration. Frontiers in Human Neuroscience, 8:980, 1-16.
  • Kimura, E. & Kuroki, M. (2014) Assimilative and non-assimilative color spreading in the watercolor configuration. Frontiers in Human Neuroscience, 8:722, 1-14.
  • Kimura, E., Abe, S., & Goryo, K. (2014) Attenuation of the pupillary response to luminance and color changes during interocular suppression. Journal of Vision, 14(5):14, 1-15.
  • Sawayama, M., & Kimura, E. (2013) Spatial organization affects lightness perception on articulated surrounds. Journal of Vision, 13(5):5, 1-14.
  • 江河あゆみ・木村英司 (2013) 「境界拡張とクローズアップの知覚」基礎心理学研究, 31, 135-145.
  • Sawayama, M. & Kimura, E. (2012) Local computation of lightness on articulated surrounds. i-Perception, 3 (8), 505-514.
  • Abe, S., Kimura, E., & Goryo, K. (2011) Eye- and feature-based modulation of onset rivalry caused by the preceding stimulus. Journal of Vision, 11(13):6, 1-18.
  • Sakuma, N., Goryo, K. & Kimura, E. (2011) Semantic access in number processing, investigated with Japanese Kanji and Kana numerals. Japanese Psychological Research, 53, 258-270.
  • Kimura, E. & Young, R. S. L. (2010) Sustained pupillary constrictions mediated by an L- and M- cone opponent process. Vision Research, 50, 489-496.
  • Young, R. S. L. & Kimura, E. (2010) Statistical test of VEP waveform equality. Documenta Ophthalmologica, 120, 121-135.
  • 木村英司 (2008) 「メラノプシンによる光受容と対光瞳孔反射」神経眼科, 25, 233-240.

ホームページ

http://www.psy.l.chiba-u.ac.jp/labo/vision1/index.html

▲ PAGE TOP